岡崎市民病院

岡崎市民病院フェスティバル開催!楽しく学べる一日になりました。

岡崎市民病院の最新TOPICS

2020.03.2641 views

令和元年10月5日に岡崎市民病院フェスティバル2019が開催されました。今回のテーマは「医療の世界をのぞいてみよう」というもので、普段患者さんとして、またお見舞いなどで来院された際には見ることのできないスペースのガイドつきツアーや、子どもたちが医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師などの仕事を体験できる企画などをふんだんに盛り込みました。その他にも開場前から行列ができるほどの人気を博した健康測定コーナー(部位別筋肉量・体点数、血管年齢測定、骨密度測定)や、当院でがん治療をしながら演奏活動を続けるサックス奏者のジャズライブなど、多彩なイベントが催されました。小さなお子さんからお年寄りまで約2500人の地域住民の皆さんがご来場になり、楽しく学べる一日となりました。主催した当院としては、この日来場してくれたお子さんが将来医療職をめざし、地域医療を支えてくれたらとてもうれしいです。

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
キーワード:
この記事をシェア
  • 岡崎市民病院
    岡崎市民病院
    岡崎市民病院は、岡崎市と幸田町の人口43万人の命と健康を預かる高度急性期医療を得意とする地域中核病院です。2020年4月に愛知県がんセンター岡崎病院が岡崎市に移管され、岡崎市立愛知病院となったことに伴い、愛知病院で行ってきた専門性の高いがん診療を順次、岡崎市民病院で実施できるようにしています。今後も市民・町民のみなさまから、困ったときに頼りになる市民病院でいられるよう、体制を整えてまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

  • アバター 山本昌邦 より:

    私達は 音楽を通してボランティア活動をしている  ボランティアティーム エンカレッジと申します。
    主に病院を音楽で慰問活動をしています。現在は コロナ騒動で休止しています。
    コロナ騒動が終息したら、活動を再開する予定です。
    機会があれば是非ぜひお申し付けください。

  • >