中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院・クリニックからのトピックス
みよし市民病院

【地域医療を知ろう】病診連携

地域医療を知ろう

2022年4月2日|43 VIEW

患者さんを中心に、みよし市民病院とかかりつけ医が役割分担をし、連携しています。

病診連携とは、より適切な医療を効率よく提供するために、患者さんの病状に応じて、みよし市民病院とかかりつけ医が、役割分担をしながら協力して治療にあたる、地域医療体制を指します。具体的には、日常的な診療や健康管理はかかりつけ医が行い、より精密な検査・入院治療が必要となった場合は、かかりつけ医からみよし市民病院に紹介。それを受け、みよし市民病院では各種の検査、診断を経て、専門的な治療が提供されます。

 

画像提供PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>