中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院・クリニックからのトピックス
みよし市民病院

【療養支援のおはなし】特定保健指導

私たちのCare

2022年4月1日|50 VIEW

生活習慣病の該当者およびその予備群の方に対して、生活習慣改善のアドバイスを行います。

メタボ該当者と予備群に対して専門家が生活習慣改善のアドバイス。

「特定保健指導」とは40歳〜74歳を対象に行われる特定健診で、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満に高血圧・高血糖・脂質異常を2つ以上同時に持っている状態)およびその予備群に対して実施される保健指導です。
対象となる方が、自分の健康状態を自覚し、生活習慣改善を主体的、継続的に取り組むことができるよう、保健師、管理栄養士などの専門家が、さまざまな働きかけや助言を行っていきます。
生活習慣病の中には、自覚症状のないまま進行し、放置すると心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる重大な病気に繋がりかねません。それを防ぎ、改善するために、特定保健指導は良い機会となるものです。

 

画像提供PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>