中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine
病院・クリニックからのトピックス
西尾市民病院〈発〉

【新人対談企画】厳しく、やさしい環境で、未来に挑戦し続ける。

地域医療を支える新しい力

2021年9月18日|122 VIEW

対談企画
初期臨床研修医 × 新人看護師

研修医1年目の麻植先生、入職2年目の杉浦看護師、今はどんな日々を過ごしていますか?

※医師は医学部を卒業し医師免許を取得後、2年間の初期研修が義務づけられています。

麻植 まずは先輩からどうぞ!
杉浦 先輩だなんて(笑)。内科系の5東病棟に勤務しています。若いうちに、内科での看護の知識・技術を頭に叩き込むために、今はひたすら仕事に没頭しています。麻植先生は、脳神経外科での研修でしたね?
麻植 もともと関心を持っていた診療科でしたから、症状や治療の一つひとつを、とても興味深く感じながら学ぶことができています。ただ、複合疾患を抱える方もいらっしゃるので、他の診療科も、しっかり学びたいとは思っています。
杉浦 病棟の先輩看護師は、とても知識が深くて、私はいろいろと教えられ、助けられることが多くて有り難いのですが、麻植先生はいかがですか?
麻植 同じですね。上級医の先生も、すぐ上の先生も、すごく親身に教えてくださる。厳しくて、やさしくて、人間関係もとてもいい。これは当院全体に言えることですね。

将来については、どんな抱負を持っていますか?

杉浦 患者さんにとって、入院生活では自由の利かないことがあると思うんです。そうした患者さんの気持ちに寄り添い、些細なことでも気づいて、できる限り患者さんの要望を叶えて差し上げられる看護がしたいと思います。
麻植 僕は1年目なので当たり前かもしれませんが、次々に新しいことが出てくるんですね。壁の次に、また壁という状況です。でも、乗り越えるしかない。とにかくしばらくは、壁に挑戦し続ける医師でいたいと思います。
杉浦 挑戦し続ける――。良い言葉ですね。
麻植 いえいえ。もっと先に目を向けるなら、患者さんから頼られる医師になりたいですね。
杉浦 それは私も同じ。患者さんから信頼される看護師でありたいと思います。

不安になることもありますが、そんなときは先輩や上級医が支えてくれます。
初期臨床研修医(1年目)
麻植啓介(おえけいすけ)

徳島県小松島市出身。人の温かみがある西尾市に密着しているこの病院が好きです。

患者さんについて、看護について、ずっといつも何かを考えている毎日です。
新人看護師(2年目)
杉浦 史(すぎうらふみ)

愛知県西尾市出身。先輩の良いところは、全部学び取りたいと思っています。

 

 

 

 

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>