医療法人 尚徳会

医療資源を結び、活かす〈地域連携室〉。

地域医療事情【北勢医療圏】

2021.08.0566 views

多様な視点を活かし、患者さんの治療と生活を支援。

限りある資源を有効に

高齢になればなるほど、誰もが医療を必要とし、超高齢社会となった今、医療需要は増加の一途を辿っています。他方で進んでいるのが、少子化。医療従事者数は、決して多いとはいえず、地域の医療資源には限りがあります。
限りある医療資源を効果的、且つ、効率的に活用するために構築されたのが、「地域医療連携」です。医療の機能と役割を分け、相互に連携するという仕組みとして、現在では、医療に加え介護関連事業者、福祉関連事業者、行政などが一体となって、連携を強めています。

スペシャリストが支援

病院における地域医療連携の窓口は、「医療連携室」です。主なメンバーには、医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士といったスペシャリストが顔を揃えています。すなわち、医療の視点、福祉の視点など、多様な視点から一人ひとりの患者さんを見つめているといえます。
具体的には、診療所からの紹介患者さんを速やかに受け入れる。急性期病院から回復期病院への転院を円滑に進める。在宅に戻る人が、適切な介護サービスを受けられるように準備するなど。患者さんが、安心して地域での生活を続けられるよう、継続的にサポート。それがイコール、地域の医療と介護を結び、大きく活かすことに繋がっています。

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
キーワード:
この記事をシェア
  • 医療法人 尚徳会
    医療法人 尚徳会
    尚徳会(ヨナハ総合病院・ヨナハ産婦人科小児科病院)は、桑名・員弁地区で、産科から在宅医療まで、幅広い世代に医療を提供しています。わたしたちの使命は、医療と医療、医療と生活を不断につなぎ、安心して暮らせる地域社会づくりに貢献すること。2021年秋、ヨナハ総合病院とヨナハ産婦人科小児科病院は統合し、新たにヨナハ丘の上病院に生まれ変わります。新病院移転に向けたスローガン〈活きる、を叶える。〉を掲げ、地域の皆さまの生活を見つめ歩んでまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>