中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院の〈知識〉を生活者の〈知恵〉へ
西尾市民病院

【治療のおはなし】骨粗しょう症

西尾市民病院のCure

2024年3月22日|6 VIEW

骨粗しょう症の最大リスクは骨折。 要介護・要支援に繋がる危険性があります。

代謝バランスが崩れ、骨がもろくなった状態。

骨の中では、常に古い骨が削られ(骨吸収)、代わって新しい骨がつくられており(骨形成)、新陳代謝を繰り返しています。そのバランスが崩れ、骨がもろくなった状態を骨粗しょう症といいます。 骨粗しょう症自体に痛みはなく、通常の生活に支障はありませんが、問題なのは、外部から力がかかると、簡単に骨折してしまうことです。例えば、転倒や尻もち、くしゃみや咳など、ほんのちょっとのことでも骨折に繋がります。 発症リスクが高いのは、50歳以上の女性です。骨を守っていた女性ホルモンであるエストロゲンが、閉経後に減少するためです。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。