中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
地域の中でのケアサイクルを支えよう
みよし市民病院

【治療支援のおはなし】訪問リハビリテーション

私たちのCure

2024年2月28日|8 VIEW

患者さんのご自宅で身体機能を維持するためのトレーニングを行います。

退院後もトレーニングを継続して、日常生活の自立をめざします。

訪問リハビリテーションは、身体機能の維持・回復や日常生活の自立をサポートするために、患者さんのご自宅を訪問して行うリハビリテーションです。当院では令和元年(2019年)、理学療法士1名体制でスタート。現在は理学療法士3名に増員して、市内各地の患者さんのご自宅を訪問しています。 リハビリテーションの内容は、歩行、寝返り、起き上がり、立ち上がりなどの訓練や、食事、排泄、着替えなどの生活動作訓練、麻痺側の関節可動域の訓練など…。リハビリテーションの時間は40〜60分で、週1〜3回、定期的に訪問して訓練を行います。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。