中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
地域の中でのケアサイクルを支えよう
みよし市民病院

【療養支援のおはなし】病棟薬剤師の取り組み

私たちのCare

2023年10月12日|6 VIEW

一人ひとりの患者さんを見つめ、お薬の適正使用による薬物治療をサポートします。

治療薬についてわかりやすく説明。服用薬の改善が必要な場合は、医師に提案を行うことも。

当院の薬剤師は、外来担当と病棟担当に分かれており、病棟薬剤師は3名配置されています。病棟薬剤師の大切な業務の一つに、患者さんへの服薬指導があります。服薬指導では、患者さんのお薬の使用状況や副作用歴の確認、服用で困っていることはないかをお尋ねします。そして、今後のお薬の使用について、わかりやすく説明します。また、最近では効果的な薬が増えた一方で、服用方法が複雑になり、お薬の適正使用には細心の注意が必要です。薬剤師はカルテや検査結果も参照しながら、薬物治療の効果や副作用の有無を確認します。服用薬の改善が必要だと判断した場合は、医師に処方の提案を行うこともあります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です