中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
地域の中でのケアサイクルを支えよう
みよし市民病院

【リハビリのおはなし】嚥下機能の評価・訓練

私たちのCure

2022年7月15日|193 VIEW

入院患者さんの嚥下機能の評価や訓練を行っています。

大切なのは継続すること。患者さんに合わせて、日常生活のなかでできる訓練を支援。

リハビリテーション課では、誤嚥性肺炎や脳卒中の方、鼻から経管栄養を取っている方、また、長期の寝たきりで心身の機能低下を起こしている方など、入院患者さんの嚥下機能の訓練を行っています。
そのため最初に実施するのが、問診やスクリーニング検査による嚥下障害や誤嚥の状態の評価です。評価では、水や半固形物を飲み込んでいただき、飲み込む速度やむせ込みの程度、呼吸の変化、飲み込まれなかった残留物の量などを確認します。状態によっては、耳鼻咽喉科医師に依頼し、嚥下内視鏡検査を行うこともあります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>