中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
地域の中でのケアサイクルを支えよう
西尾市民病院

【療養支援のおはなし】骨折リエゾンチーム

私たちのCare

2024年3月23日|0 VIEW

多職種が連携。高齢患者さんの骨折予防に取り組む。

退院後もトレーニングを継続して、日常生活の自立をめざします。

当院では、骨折リエゾンチームが中心となり、骨折リエゾンサービスを提供しています。リエゾンとは、フランス語で結びつきや仲介、橋渡しといった意味です。当チームは、高齢患者さんの骨折・二次骨折を予防するために、多職種が力を合わせ連携して活動していきます。 発足の背景には、高齢者の骨折率の増大、そして、一度骨折を起こした方の二次骨折の増加があります。それに対して多職種で編成されたチームが、骨折の大きな要因である骨粗しょう症の治療開始、治療継続、転倒予防などを働きかけ、骨折・再骨折率を低下させ、患者さんの生活の質向上をめざしていきます。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。