NPO法人 看護の広場

コロナ疲れで燃え尽きない! 看護師の心の処方箋

コロナ禍で働く看護職のセルフケア

2021.02.1633 views

長く続くコロナ禍での看護。先が見えない状況にあるといっても過言ではなく、その対応に追われる看護職の皆さんの中に、疲れを感じない人はいないのではないでしょうか。忙しくて、職場では充分なコミュニケーションをとる時間がないと思う方も多いかもしれません。ただし、職場での10分ほどの雑談は、ストレス軽減に役立つことがわかっています。今回は、その効果についてご紹介します。

→心の疲れ、どう対処すれば良い? 【(看護職向け)WEBセミナー「ご自身(看護職)のこころの健康を保つために〜そのひと工夫〜」】

ストレス、孤独感、抑うつ感の増大

変異種の登場、爆発的に増える感染者など・・・医療現場を取り巻く背景は、さらに混迷を極めています。医療界のトップが危機感を訴える事態ですから、看護職の方たちの疲労の蓄積も計り知れないものでしょう。さまざまな調査では、コロナに対応する看護職に、疲れに伴うストレス、孤独感、抑うつ感が強く出ていることが分かっています。

疲れの段階を知る

さて、あなたの疲労度はどの程度でしょうか。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
  • NPO法人 看護の広場
    NPO法人 看護の広場
    NPO法人〈看護の広場〉は、医療の高度化、療養の場やニーズの多様化といった変化に対応し、地域の人々により良い看護を提供するために、すべての看護職(看護師・保健師・助産師・准看護師)の交流・連携・協働を支援し、看護の質の向上を図ることによって、地域医療の発展に寄与することを目的として、平成28年12月に設立されました。看護職への情報提供と看護職の連携・協働に資するためのサイトシステム〈Platz Nurseシステム〉を運営しています。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>