設計思想は「患者さんにとって優しい病院」。高台の気持ちいい場所に、ヨナハ丘の上病院が誕生!

新病院特別企画

令和3年11月1日、ヨナハ総合病院はヨナハ産婦人科小児科病院と合併し、「ヨナハ丘の上病院」として生まれ変わりました。今号では、写真とともに新病院の特徴やこだわりポイントをご紹介いたします。

「ヨハナ丘の上病院はここが変わりました!」

01 「患者さんにとって優しい病院」を追求しました。

診療科も充実し外来スペースもゆったりとしたスペースを確保。初めてのご来院者でも迷わないように、部門ごとにブロック受付を採用し、テーマカラーを設定。たとえば、「産婦人科はピンクのブロックへ、検査エリアは右手奥の黄緑色のブロックへ」など、目的の場所にスムーズにご案内が可能です。

02 アプリで、スムーズな通院をサポート

電子カルテ連携アプリ「コンシェルジュ」を本格稼働。患者さんご自身のスマートフォンにアプリをインストールしていただくことで、予約確認、診察・検査前日のお知らせ、診察状況お知らせなど、さまざまなサービスをご利用いただけます。

「HOPE コンシェルジュ」で検索!

※初回のみ病院内での登録が必要です

 

外来・検査エリア 

明るく開放感に満ちた、心地いい空間が広がります。

FLOOR GUIDE

1F ●総合受付 ●入院受付・患者サポート室 ●地域連携面談室 ●栄養指導室
●外来/内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、胃腸内科、総合診療科(在宅訪問診療)、外科、肛門外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科
●救急部門 ●検査部門 ●レストラン・売店 ●授乳室、多目的室、プレイコーナー

1.エントランスホール

開口部を大きく取った明るいエントランス。木の温もりが優しい雰囲気を醸し出しています。

エントランスホール

2.総合受付カウンター

丸みを帯びた優しいインテリアに大きな数字が印象的。バリアフリーに配慮しました。

総合受付カウンター

3.プレイコーナー、多目的室、レストラン

待ち時間もお子さんが退屈せずに過ごせるプレイコーナー、ヨガ教室などに活用予定の多目的室、レストランでは出産後のディナーもご提供します。

ホスピタルアートで癒しの空間を

壁面に広がるパステル調の柔らかなアート作品

ヨナハ丘の上病院では、院内の壁面や屋外デッキなど6カ所に、ホスピタルアートを施しています。これは、名古屋市立大学芸術工学部鈴木研究室の鈴木教授と学生によるもの。病院内でより快適にお過ごしいただけるよう、外来から屋上まで、海と丘のメモリーが展開されています。当院に訪れた際は、ぜひホスピタルアートを体感してみてください。

 

病棟エリア 

病室は生活空間としてのゆとりを追求しました。

FLOOR GUIDE

5F ●病室
4F ●病室
3F ●リハビリテーションセンター ●屋外リハビリテーション ●病室
2F ●周産期・新生児・女性病棟 ●透析センター ●手術室 ●病室

※2〜5Fには、食堂、デイルーム、シャワールーム等を備えています。

4.透析センター 2F

広々とした眺望の良い透析センター。窓から広がる景色を楽しみながら、ゆったりと透析を受けていただけます。

5.周産期医療 フロア (陣痛室・分娩室) 2F

陣痛室と分娩室が隣接しており移動もスムーズです。 

周産期医療 フロア

6.新生児医療フロア 2F

新生児を手厚くケアする高度な治療室を配置。隣接するスタッフステーションでは、常にスタッフがモニタリングしています。  

新生児医療フロア

7.産科病室 2F

特別個室から一般的な部屋までバリエーションが豊かな病室。中庭が見える病室もあります。

産科病室

8.病室(特別病室) 4F

浴槽、お手洗い等を備えた特別病室。 ゆったりとお過ごしいただけます。
 

病室(特別病室)

9.デイルーム・食堂 2・3・4・5F

窓が大きく明るいデイルーム・食堂。スタッフステーションも間近にあり安心です。

デイルーム・食堂

10.リハビリテーションセンター 3F

トップライトがあり明るく広々とした空間でリハビリができます。
 

リハビリテーションセンター

11.屋上リハビリ庭園 3F

目の前に広がる街、緑が優しい庭園など、心地よい空間でリハビリに励むことができます。

屋上リハビリ庭園

12.屋外デッキ 3・4・5F

街を一望できる展望台のような屋外デッキ。 晴れた日には、海の向こうに知多半島が見えます。

屋外デッキ
 
キーワード:

新病院特別企画 一覧