当院初の特定行為看護師が誕生!岡崎市民病院公式SNSを開設ほか

HOSPITAL NEWS

当院初の特定行為看護師が誕生! 患者さんにとってよりタイムリーなケアを提供。

 

当院初の〈特定行為看護師〉が誕生しました。特定行為とは、研修で身につけた高度で専門的な知識・技能を、医師による手順書をもとに行う診療の補助のことをいいます。必要な医療サービスを医師の判断を待たずに適切なタイミングで届けること、患者さんや家族の立場に立ったわかりやすい説明や、「治療」と「生活」の両面からの支援に貢献できます。当院では、今後も太田看護師に続く特定行為看護師を育成し、運用に向けて取り組んでいきます。

 

集中治療センター 看護師
太田英征

太田看護師が修了した特定行為区分

栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
精神及び神経症状に係る薬剤投与関連

公式SNSを開設し岡崎市民病院の魅力発信!

当院では、各種公式SNSを開設し、地域の皆さんにさまざまな情報を発信しています。イベント情報、医療チームの紹介、働く職員の舞台裏など、岡崎市民病院の魅力を多くの方にお伝えしたいと思います。ぜひご覧ください。

フォロー&チャンネル登録お願いします!

Instagram

「@okazaki.hp」で検索!
またはこちらから! → https://www.instagram.com/okazaki.hp

Twitter

「@okazaki_hp」で検索!
またはこちらから! → https://twitter.com/okazaki_hp

YouTube

「岡崎市民病院」で検索!
またはこちらから! → https://www.youtube.com/channel/UC2YFNxL4F5v9NUQRTQDe80Q

 

医療技術局放射線室に所属する平の研究発表が、『第59回全国自治体病院学会 優秀演題』に推薦されました。

令和3年11月に奈良市で開催された第59回全国自治体病院学会で、当院職員の平 克之診療放射線技師が急性期脳梗塞の患者さんに対するアプローチに関する研究を発表。選考の結果、優秀演題に推薦され、公益社団法人全国自治体病院協議会が発行する機関誌に掲載されることとなりました。

診療放射線技師
平 克之

発表演題

「急性期脳梗塞に対するt-PA投与、脳血栓回収療法までの時間短縮の取り組み及び治療の予後への影響についての報告」

 

 

エフエムEGAO「イブニングワイド」で当院の医療スタッフが健康情報を発信!

「いまどき旬」コーナー 18:00〜

SNSで“つながる”岡崎市民病院

日時 令和4年4月21日(木)

出演者 経営企画室 竹内要子/薬局 川和田百華

心の疾患と健康維持のために

日時 令和4年5月19日(木)

出演者 心療精神科 統括部長 竹内伸行

地域の方から信頼、期待される看護師の育成
~愛情と責任を持って看護します!~

日時 令和4年6月30日(木)

出演者 教育担当看護長補佐 藤河真美、竹内しのぶ

これまでの放送内容はこちらから! → https://www.okazakihospital.jp/activity/fm-evening/

 

HOSPITAL NEWS 一覧