【岡崎のTeam】集中治療センター

チーム医療を知ろう

医師、看護師、そして、多様な専門職が、チーム力で重症患者さんの命を救います。

救急科医師・外科系医師・循環器系医師・研修医が常勤し、各診療科と協力して治療を実施。


当院の救急科では、「ER(救急外来)」「ECU(救命救急センター病棟)」とともに、「集中治療センター」を運営しています。
集中治療とは、生命の危機にある重症患者さんに対して、24時間濃密な観察のもとに、先進的な医療技術を用いて集中的に治療することを指します。
集中治療センターは、ICU(集中治療室)、CCU(冠疾患集中治療室)、HCU(高度治療室)の3室からなり、各専門医が主治医を担当するオープン形式で治療にあたっています。また、救急科医師・外科系医師・循環器系医師と初期研修医が常駐しており、主治医に協力して24時間集中的な治療を実施。重症患者さんの救命に全力を注いでいます。

多面的、総合的な視点で、身体的・精神的苦痛を抑え、早期の社会復帰実現に挑む。

集中治療センターでは、24時間、常に看護師が患者さんの側におり、記録や点滴準備など、すべてをベッドサイドで行うなど、患者さんに合わせた看護を、集中して手厚くご提供します。
看護師以外にも、リハビリテーションスタッフ、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、管理栄養士などの専門職が、医師とともに認知症ケア・呼吸ケア・早期離床・栄養管理などのチームを組み、一人ひとりの患者さんをサポート。多面的、且つ、総合的な視点を活かし、患者さんの微細な状態変化を見逃さず、身体的・精神的苦痛を最小限に抑えるとともに、より早期の社会復帰実現を見据えたチーム医療を展開しています。

 

Staff’s message

集中治療センター 集中ケア認定看護師
福田昌子

 

刻々と変わる患者さんの状態を、瞬時に評価・分析し、治療に繋ぐ。

集中治療センターに入られる重症患者さんは、単一臓器の疾患に留まらず、複数臓器の機能障害を起こしている方が多くいます。そのため常に患者さんの側にいる看護師は、臨床状態とモニターの数値を、瞬時に評価・分析する能力と技術が求められ、医師や多職種への情報提供や連携促進の役割を担います。
私自身は、集中ケア認定看護師として、実際の看護提供、その方法・根拠についてのスタッフ指導を担っています。特に留意するのは、ご家族のケアです。希望されることがあっても、なかなか言い難いと思いますが、まずは何でもお話しください。ご家族と私たちが寄り添い、患者さんを支えたいと思います。

 

チーム医療を知ろう 一覧