【岡崎のTeam】がんゲノム医療チーム

チーム医療を知ろう

がんの個別化予防や個別化治療を必要とする患者さんを多職種のチームで支えています。

さまざまな専門職が集まり、がんゲノム医療を推進しています。


当院では、より質の高いがんゲノム医療を推進するために、がんセンター運営委員会の下部組織として、「がんゲノム医療チーム」を作っています。チームのメンバーは、がんセンター長の村田 透医師を筆頭に、臨床検査科/総合内科の田中 繁医師、認定遺伝カウンセラー、臨床検査技師、薬剤師、看護師、事務職など。がんの個別化予防と個別化治療の両面で多職種が協力し、より円滑に最適なゲノム医療を提供できる体制を整えています。
個別化治療においては、診察からカウンセリング、遺伝子パネル検査、検査結果の解析、結果の説明、臨床試験や先進医療への参加の手続きまで、専門性の問われるプロセスをスムーズに遂行し、がん患者さんに最善の治療法を提案できるよう力を尽くしています。

専門家が集まり、がん遺伝子パネル検査の結果を検討しています。

がんゲノム医療を推進する上で重要なプロセスが、エキスパートパネル(遺伝子パネル検査の検討会)です。これは、がん遺伝子パネル検査で得られた結果が、臨床上どのような意味を持つのかを医学的に解釈する会議のこと。さまざまな専門家が集まり、検出された遺伝子変異に対する生物学的意義づけや対応する薬剤の有無などを検討します。
当院では、愛知県下のがんゲノム医療を牽引する名古屋大学医学部附属病院(がんゲノム医療中核拠点病院)と緊密に連携。毎週火曜日開催のエキスパートパネルに参加し症例検討しています(Webで開催)。がんゲノム医療チームのメンバーは、エキスパートパネルを通じて新しい治療薬や臨床試験の動向など、最新の知見を取り入れるよう努めています。

Staff’s message

医療技術局認定遺伝カウンセラー®
岡村春江

 

患者さん本人はもちろん、ご家族の遺伝に関わる不安にも寄り添います。

がん遺伝子パネル検査は特定のがんの新しい治療薬を探すために行いますが、それに付随して、生まれながらがんを発症しやすい遺伝性腫瘍が見つかることもあります。そうなると、たとえば親の治療だけを考えていたのに、自分にも影響のあることがわかり、動揺される息子・娘さんも珍しくありません。そんなご家族を支えるのも、私たちの大きな役割です。必ずしも親と同じ体質を持つとは限りませんし、遺伝学的検査をしても、知る権利・知らない権利があります。それらをわかりやすくお話しし、ご家族の最適な選択を支援しています。

 

チーム医療を知ろう 一覧