診療所と病院の機能連携

地域医療を学ぼう!

病院と診療所の機能・役割を分けた上で、連携し医療を提供する〈病診連携〉が、今日の地域医療のベースです。

普段の健康管理は診療所が担い、専門的検査・治療は病院が担います。

限りある医療資源(診療所、病院、医療従事者)を、効率的に活用するために、我が国では、地域医療連携が進められています。診療所と病院が役割分担した上で、連携して医療を提供する「病診連携」もその一つです。
病診連携においては、普段の健康管理は診療所が担い、何かの病気が疑われ専門的な精密検査や、手術や専門的治療など大がかりな治療が必要な場合は、それが可能な病院を診療所が患者さんに紹介することになります。
これはいわば、地域医療における機能別の分業体制。診療所には総合医が、病院には専門医がいて、患者さんそれぞれに必要な医療を提供します。

「かかりつけ医」とは、家族にとって頼りになる心強い存在。

病院と診療所の連携を進める上で大切なことは、地域の皆さんが、ご自分の自宅近くで「かかりつけ医」を持つことです。かかりつけ医は、地域の診療所やクリニックの医師で、いつも身近にいて、患者さんはもちろん、そのご家族の健康状態も把握し、どんな相談にも気軽に応じてくれます。つまりは、あなたのご家族のファミリードクター。頼りになる心強い存在になります。

岡崎市民病院では?

地域医療支援病院として、かかりつけ医の支援と、地域医療全体の質の向上に、全力を注いでいます。

当院は、地域医療支援病院です。地域医療支援病院とは、かかりつけ医を支援するとともに、他の医療機関との役割分担と連携を図り、地域医療全体のレベルアップをめざす病院を指します。
地域医療支援病院である当院では、かかりつけ医からの紹介患者さんへの医療提供、救急医療を担っており、通常受診の際には、かかりつけ医からの紹介状が必要です。 当院での治療が終了した後は、またかかりつけ医での診療を受診。かかりつけ医をお持ちでない場合は、ご自宅近くの診療所をご紹介します。
その後は、かかりつけ医と当院との共同診療を実施するなど、地域の先生と緊密に連携し、地域全体で質の高い、そして、患者さん中心の医療提供の機能向上に全力を注いでいます。

 

 

 

キーワード:

地域医療を学ぼう! 一覧