ご挨拶

院長メッセージ

新型コロナウイルス感染を懸念した、患者さんの「受診控え」が社会的な問題となっています。慢性疾患をお持ちの方にとって、感染症予防とともに重要なのは、主治医とともに、しっかりと体調管理をしていくことです。自己判断での受診控えや服薬の中断により、症状の悪化を招かないためにも、感染症を正しく恐れ、適切な受診を心掛けていただきたいと思います。

院長メッセージ 一覧