中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年8月26日号〉

2020.08.263,054 views

今朝のちょっと深読み

マスクの素材で飛沫の量が変わる?

新型コロナウイルス感染症が本格的に広がり出した2月から約半年が過ぎ、市場にはさまざまな素材のマスクが流通するようになりました。では、飛沫量を抑えるという観点からすると、どの素材がいいでしょうか。NHKのニュースウェブに興味深い記事が出ていたので、共有したいと思います。

不織布マスクが効果ナンバーワン。

アメリカのデューク大学などの研究チームが、「マスクが抑える飛沫の量」を研究しました。この研究チームは、化学繊維や綿など素材や形が異なる14種類のマスクを用意。大きな声を出したときに飛沫の粒がどの程度減るのか、レーザービームを使った実験でマスクを通過する量を計測しました。
実験の主な結果は以下の通りです。

<飛沫の量をどれくらい減らすことができるか>
●不織布マスク(ポリプロピレン) …90%以上
●綿のマスク          …90%程度〜70%程度
●ニットのマスク        …65%程度
●バンダナを二重にしたもの   …50%程度
●首から口元までを覆うフリース  …0%(飛沫量プラス10%)

これらの数値は、何もつけていない場合と比較したものです。飛沫を飛ばさないためには、不織布マスクがおすすめといえるでしょう。

顔全体にマスクをフィットさせること。

素材選びと合わせて、着け方も大切です。マスクの上部を鼻の形に合わせて折り曲げ、鼻から口までをマスクでしっかり覆います。マスクと顔の間に隙間があると、そこからウイルスが飛び出す可能性があります。

■実験については、NHKのニュースウェブ「飛まつの量 マスクの素材や形で異なる 米大学の研究チーム」(2020年8月21日)へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 学校での新型コロナウイルス感染症の予防対策②(2020年8月24日)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年8月25日号〉 

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年8月24日号〉 

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年8月24日号〉 

 

見逃し配信情報

新人対談企画

地域医療を支える新しい力として、愛知県西尾市の西尾市民病院を初期研修病院・就職先として選んだ研修医と看護師の対談をご紹介します。

詳しくはこちら>>【新人対談企画】西尾市民病院

療養支援のおはなし

皆さんは、「糖尿病療養指導士」をご存知でしょうか?

「糖尿病療養指導士」は、糖尿病の生活指導に関する、エキスパートですが、愛知県西尾市の西尾市民病院では、4職種の糖尿病療養指導士が連携して患者さんを支えます。

詳しくはこちら>>【療養支援のおはなし】西尾市民病院

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『一応とある仕事で使うつもりはあるんだけど、「次の玩具」は、水深15mまでOKのいわゆる防水タフカメラ。 やって来たそのカメラ=OLYMPUS/TG-6で、初撮り。

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

碧南市民病院

研修医という宝を育てる
ファミリアな環境。

 

「皆で研修医を育てよう」
病院全体の熱意が、若き医師の成長を促す。
詳しくはこちら>>LINKED Plus

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>