中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

新型コロナの新たな脅威、オミクロン株とは?

日本では落ち着きを見せている、新型コロナウイルス感染の広がり。
しかし、南アフリカで新たな変異株が発見され、警戒感が高まっています。

続きを読む閉じる

新たな変異株は「懸念される変異株」に指定。

新しい変異株が検出された場所は、南アフリカ。11月9日に採取された検体から、その感染が初めて確認され、現在はヨーロッパ、アジア、北米へと感染が広がっています。

WHO(世界保健機関)は、この変異ウイルスを「懸念される変異株」(VOC)に指定し、「オミクロン」と名づけました。

「オミクロン」の名前はギリシャ文字のアルファベット。

WHOは今年5月以降、ギリシャ文字のアルファベットを順番に使って変異株に名前をつけてきました。
デルタ株は有名ですが、それに続いて、イプシロン、イオタ、ラムダなど8種類の変異株がすでにあります。

次の変異株は、順番に従うと「Nu(ニュー)」、その次は「Xi(クサイ)」になります。

でも、WHOはこの二つを飛ばして、「Omicron(オミクロン)」と命名しました。
この理由は、Nuは『new』と混同されやすく、Xiは一般的な姓であることから使用しなかったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この調子でいくと、24文字のギリシャ文字がすべて使われてしまうのではないかと、そちらも気になるところですね。

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>