中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

3回目のコロナワクチン、最短6カ月後から。

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、
最終的な準備が進められています。
最新情報を共有しておきましょう。

続きを読む閉じる

感染状況が悪化したら前倒しで3回目接種。

新型コロナワクチンの3回目接種は、「2回目接種から8カ月後」が標準になります。

ただし海外では、2回目接種の6カ月後にはワクチンの効果が低下したという研究報告もあります。

そこで、感染状況が悪化した場合などは、6カ月以上の間隔を空ければ、自治体が前倒しで3回目を実施できることになりました。

当面はファイザー製を使用。交差接種も認められる。

3回目の接種は12月から、全国の自治体で順次始まります。

当面はファイザー製ワクチンを使用。

モデルナ製の3回目使用については薬事承認を得た上で可否を判断するそうです。

また、2回目までとは異なるワクチンを3回目に打つ「異種混合(交差)接種」も認められます。

新型コロナの第6波に備えて、「早く3回目を接種したい」という人にとって、うれしいニュースですね。

■詳しくは、時事ドットコムニュース『3回目、最短6カ月も容認 新型コロナワクチン、公費で―厚労省(2021年11月15日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>