今朝のLINKED通信〈2021年7月16日号〉

マスクがずれたらすぐに触って調整を。

2021.07.16216 views

今朝のLINKED通信

マスク

マスクがずれたらすぐに触って調整を。

新しい視点から、新型コロナウイルスの感染予防を見直すシリーズ。
今回も、昨日に引き続き、マスク着用時の注意をみていきましょう。

続きを読む閉じる

マスク表面は、汚染の心配なし。

「マスクの表面はウイルスで汚染されているので、手で触れてはいけない」と注意されることがよくあります。

確かに医療現場で患者の咳を直接、顔に浴びた場合はそうかもしれません。

しかし、日常生活ではそれほど神経質になる必要はなさそうです。

普通の生活では、生きたウイルスは空気中にほとんどいません。

仮にウイルスをマスクでとらえたとしても、ウイルスはマスクの内部の繊維の間に捕らえられますし、いつまでも生きていることもありません。

マスクの密着性をこまめにチェック。

マスクを手で触らないように注意することよりも気にしたいのが、マスクの密着性です。

話すたびにマスクが下にずれる人をよく見かけますが、そうならないように、マスクがずれたらすぐに戻して、着け具合をチェックしましょう。

マスクの着け外しも問題なし。

マスクの表面はほぼ汚染されていないので、一日に何度も着けたり外したりするのも大丈夫です。

「感染リスクを感じるときはしっかりマスクを着ける、人の少ない屋外ではマスクを外す」など、メリハリをつけて着用するといいでしょう。

■詳しくは、国立病院機構 仙台医療センター・ウイルスセンター長 西村秀一著 (幻冬舎)『もうだまされない 新型コロナの大誤解』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>