今朝のLINKED通信〈2021年7月14日号〉

生活シーンのフェイスシールドは感染予防効果なし。

2021.07.14417 views

今朝のLINKED通信

マスク

生活シーンのフェイスシールドは感染予防効果なし。

新しい視点から、新型コロナウイルスの感染予防を見直すシリーズ。
2回目は、フェイスシールドです。
最近、テレビ番組や飲食店、教育現場などでよく見かけるようになった
フェイスシールドやマウスシールド、感染予防の効果はどの程度あるのでしょうか。

続きを読む閉じる

フェイスシールドの本来の目的は…?

フェイスシールドの本来の用途は、相手の飛沫が自分の顔にかかるのを防ぐこと。

そのため医療現場では、必ずしっかりマスクをして、その上にフェイスシールドを着用します。

マスクなしでの着用はかえって危険。

飲食店や教育現場、テレビ番組で見られるのは、フェイスシールドの下にマスクを着用しないスタイルです。

これでは、フェイスシールドの横や下から入ってくるエアロゾルには無防備。

顔とフェイスシールドの間に飛沫が入り込めば、なかなか抜けることができず、「かえって感染リスクが上がる」と、仙台医療センター・ウイルスセンター長の西村秀一先生は指摘しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェイスシールドやマウスシールドの目的は、あくまでも飛沫感染から自分を守るため。

着用する際は、必ず下にマスクをするように心がけたいですね。

■詳しくは、国立病院機構 仙台医療センター・ウイルスセンター長 西村秀一著 (幻冬舎)『もうだまされない 新型コロナの大誤解』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>