今朝のLINKED通信〈2021年7月12日号〉

ブースター接種では異なるワクチンを組み合わせる可能性も。

2021.07.12273 views

今朝のLINKED通信

ワクチン接種

ブースター接種では異なるワクチンを組み合わせる可能性も。

新型コロナウイルスのワクチン接種は、1回目と2回目で
同じメーカーのものを接種することが基本になっています。
しかし、それとは異なる研究結果がイギリスで発表されました。

続きを読む閉じる

異なるワクチンの組み合わせ接種も有効。

今回の研究では、ファイザー製またはアストラゼネカ製のワクチンを2回接種した人と、両ワクチンを1回ずつ打った人について調べられました。

その結果、すべての組み合わせで新型コロナウイルスに対する免疫がつくられ、十分に機能していることがわかったということです。

これにより、今後のワクチン接種がより柔軟に実施できると、専門家らは指摘しています。

3回目のワクチンは別のワクチンでも!?

今回の研究から、アストラゼネカ製ワクチンをすでに2回接種した人が、異なるメーカーのワクチンのブースター接種(3回目のワクチン接種)を受けた場合、より強力な追加免疫を得られる可能性があるということです。

現状では、3回目も同じワクチンが接種される計画ですが、将来的には、別のワクチンが組み合わされる可能性もありそうです。

また、別々のワクチンの接種は、供給面で困難に直面している国を支援することにもつながります。

こうした知見が積み重なり、世界中でワクチン接種がよりスムーズに行われるようになることを期待したいものです。

■詳しくは、BBC NEWS『異なるワクチンの組み合わせ接種も高い予防効果=英研究(2021年6月29日)』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>