今朝のLINKED通信〈2021年1月13日号〉

新型コロナワクチン接種の優先順位は?

2021.01.132,040 views

今朝のLINKED通信

新型コロナワクチン接種の優先順位は?

早ければ、今年2月から国内で接種が始まるとされる新型コロナワクチン。
厚生労働省では、その優先順位の方向性をすでに決めています。
どんな人から接種を受けられるのでしょう。

続きを読む閉じる

ワクチンの接種は医療関係者、高齢者から。

新型コロナワクチンは、感染リスクの高い「医療関係者」「高齢者」「基礎疾患を持つ人」の順に優先的に接種されることになりました。

さらに、高齢者などが入居・居住する社会福祉施設などにおいて、「利用者に直接接する職員」も、高齢者に次ぐ接種順位とすることが協議されています。

どんな基礎疾患を持つ人が対象か?

優先接種対象者のうち、高齢者の年齢基準は65歳以上になる方針です。
基礎疾患については次のものが検討されています。

●慢性呼吸器疾患  
●慢性心疾患
●慢性腎疾患   
●慢性肝疾患     
●神経疾患・神経筋疾患
●血液疾患
●糖尿病       
●疾患や治療に伴う免疫抑制状態(悪性腫瘍、関節リウマチ・膠原病、肥満を含む内分泌疾患、消化器疾患、HIV感染症など)

 

これらのうち、病気ではないのですが、「疾患や治療に伴う免疫抑制状態」に含まれる「肥満」も見逃せないポイントです。「BMI=体重kg ÷ (身長m)2」の数値が30以上の人は、新型コロナの重症化リスクが高いため、優先接種がすすめられています。

■詳しくは、「日本感染症学会ワクチン委員会「COVID-19ワクチンに関する提言」(第1版)へ。 」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>